ファッション悩み

40代アラフォーの痛いファッションをチェック!おしゃれになる3つの方法

この記事では、

アラフォーの痛いファッション

痛いファッションの抜け出し方

これについてまとめています。

 

私自身、【アラフォー×痛いファッション】なので、自戒の意味を込めて書いています。(涙)

 

アラフォーという年齢になり決して若くはないと自覚はしています。

でも、まだまだ外見も中身も若くいたいですよね?

 

とはいえ、やっぱりアラフォーになった自分って

他の人からどういう風に見えてるんだろう?とファッションがすごく気になってきます。

(だって、基本、誰も何も言ってくれないじゃないですか。)

 

そこで、この記事では

40代がやってしまいがちな

「痛いファッションコーディネイト」

これについて調査してみました。

<情報元>

  • 最新スタイリストWeb情報
  • ファッション情報誌
  • ファッション実用書5冊

 

痛いファッションが分かると、逆に魅力的になるヒントも出てきます。

ちょっと怖いですが、現実を直視して、

周りから好感度の高いアラフォー女性になる方法を探っていきましょう。

40代アラフォーがやりがちな痛いファッション

ジャストサイズの服を着ていない

痛いファッションの一つ目は、ジャストサイズの服を着ていないです。

例えば、

  • 小さめのサイズの服を無理して着る
  • 明らかにオーバーサイズで、体のラインを隠しがち

などのパターンです。

 

サイズが小さすぎると、

体のたるみや下着のラインなどがハッキリ見えてしまいます。

アラフォーがやってしまうとかなり痛いです。

 

また、

オーバーサイズ過ぎても、逆に太って見えてしまうそうです!(危険)

 

確かに、私も、お腹ぽっこりを隠そうと大きめチュニックを着たら

友人
友人
あれ、、?おめでた?

って言われたことあります…

 

アラフォーって、自分にぴったりのサイズを着るって大事みたいですね。

アラフォーは、ジャストサイズの服を着よう

 

20年前と全く同じコーディネイト

私たちアラフォーの若さ全盛期って、20年くらい前でしょうかね。

何を着ても輝いてた気がします…

体の内側から、パワーがみなぎっていたような。

 

でも、今も全く同じコーディネイトを着ていたとしたら。。

ぞっ。

そう、私のことです。

 

「20年前と変わらないね!」などと、優しいおせじを言ってくれるのは、久しぶりにあった同級生くらいではないでしょうか。

もうそろそろ、コーディネイト変えていきませんか?

私も、2020年は脱・デニムでがんばってみてます!!

エアークローゼットのコーディネイト39才アラフォーの私が着てみた!レンタル服を全部公開【2020年10月版】 エアークローゼットで、実際にコーデしたレンタル服を公開する記事です。 エアークローゼットの服ってどんな感じ? ...

 

安い素材の服ばかりでコーデしている

20代の頃までは、ファストファッションや安い素材でも魅力的に着こなせました。

なぜなら、顔と体にハリがあったから。

でも今は、どうでしょう…。

なぜ、こんなに安物の服が似合わないんだろう…

服の素材が変わったのかしら??!

いえいえ、変わったのは、私たちの中身。

 

安物の服ではカバーできない年齢がにじみ出ているのですよね、きっと。

 

だから、アラフォーで、全身ファストファッションで覆いつくすのは、どうなんでしょうね。

(気づいたら、全身ユニクロだったって日もありますよ、実際!笑)

 

ユニクロ・GUなどプチプラファッションは、

安いし、カラー展開も多いので、考えずに買ってしまうことってないですか?

クローゼットを開ければ、ファストファッションだらけ、って私はそろそろ止めたいです。

 

アラフォーになったら、

自分の年齢をカバーしてくれるような、ちょっと良い素材の服とも向き合っていきたいな、と。

 

もちろん、家計は無視できません!

全部を高いものにすることはできないけれど、

  • コート
  • バッグ

ところどころで質の良いアイテムを取り入れると、品の良いアラフォーになれそうです。

 

安ものばかりでコーデしない、ちょっと良い服も取り入れよう

 

トレンドを意識しすぎている

若い人向けのトレンドを、「そのまま取り入れて」しまっているアラフォーのファッション、痛くなりがちですね。

 

例えば、

流行りのロゴ T シャツを若い人たちと同じように、デニムやスニーカーと合わせてしまうと…

カジュアルすぎてアラフォーには痛くなりますよね?

 

ロゴTシャツを着るなら、

  • ヒールパンプスと合わせて大人っぽく
  • スカートをレースにして、エレガントに寄せる

など、アラフォーなりのカジュアルになりすぎない着こなしが必要です。

 

『あの人はどうして「若く見える」のか』(八藤浩志著)によると、

ファッションにおいては、10代20代と同じ服を選んで着ても、むしろ比較されて「老け感」が目立つだけ。ここはあえて同じ土俵には立たず、「ベーシックな服装(品性)」に、「抜け感(色気)」のエッセンスを少しだけ加えて、「戦略的な若返り」を叶えていきましょう。

同著 p.28

と述べています。

 

 

着てみたいトレンドがあったら、若い人と全く同じにせず、

流行感を取り入れながらも、

視覚的に「品と色気」を演出を出す!

これが、アラフォーっぽくおしゃれになる秘訣です。

トレンドは、品と色気をプラスしてアラフォーらしく着よう

 

買った服を「そのまま着ている」

今持っている服、何の工夫もしないで、「バサッとそのまま」着ていませんか?

例えば、こんな風に…↓(私です。)

この写真の私を直すなら、ワンピースにベルトしてあげれば良いんですよね。

ウエストマークになって、多少ましになります。

 

その他、着こなしにちょっとした工夫をすると、おしゃれ度がアップする方法としては、

  • 長袖ニットの袖はまくる
  • トップスはあえてインして着やせ効果を狙う
  • シャツのボタンは上まで留めずに、胸元近くまではずす

など。

 

確かに、ファッション誌を見てみると、そのまま着てるってあんまりないんですよね。

モデルさん達のように、体型に合わせて、

服の形を微調整する一手間を加えてみると良いです。

服はそのまま着ずに、折ったり・インしたりひと工夫を

 

ミニスカートxフリフリコーデ

10代20代だったらミニスカート+フリフリコーデでも可愛く着こなせますが…

一般人のアラフォーがそれをやってしまうと、周りをぎょっとさせてしまいますよね。

後ろ姿はとってもカワイイのに、振り返った顔を見ると…

それは無残なアラフォーだった…

うわぁーー!!(がばっ!)

自分自身を重ねてしまうと、まさに悪夢レベル…穴があったら入りたい。

 

せめて、ビジネスの場や人の前に出るときは、自分がしたいファッション中心ではなく、

客観的に自分がどう見られるか?という視点からファッションを選ぶ力

それが、アラフォーには必要になってきます。

 

確かに、今までの服の趣味にサヨナラするのは、けっこう難しいしかもしれません…

でも、これからの長い人生。

あなたの女性としての魅力をもっとひきだしてくれる服が他のもきっとあるはず。

外では、他人目線を気にして服を選ぶべし!

 

いつもヨレヨレの服を着ている

 

アラフォーは体にたるみやシワが出てくるので、

洋服までヨレヨレ~しわしわ~だと、本当に年をとって見えます。

 

若い頃なら、しわ感のあるリネンワンピースを着こなせていたかもしれませんが、

アラフォーになって、襟までシワクチャなリネンを身に着けていると、すごく疲れて生活感が漂ってしまいます。

 

毎日忙しいから、どんな服でも洗濯機でまとめて洗いたい!!

そんな気持ちは山々ですが…

せめて大切にしたい服は、別に手洗いするなどの手間は必要ですよね。

 

服はヨレて使用感が出てきても、食べ物みたいに腐ったりしません。

だから、捨てるのが難しい。

 

なので、シーズンが終わったら、

一度自分で服の状態をチェックしてみると良いかもしれません。

ヨレた服がないかシーズンが終わったら確認

もう着られない服は、思い切って処分(リサイクル、掃除用ウエスにする、寄付など)

 

さて、ここまでアラフォーの痛いファッションをご覧いただきました。

 

次は、実際どうやって「痛いファッション」とサヨナラすれば良いのか?

具体的な方法を見ていきましょう。

40代アラフォーが痛いファッションをやめる3つの方法

自分がなりたいイメージを探して真似る

あなたが目指しているおしゃれな女性は、どんなファッションですか?

女優さんやモデルさんの名前が出てくるなら、一番分かりやすいと思います。

同じアラフォーまたはアラフィフのステキな女性を探してみて下さい。

私は、けっこうたくさんいます。

  • 檀れいさん
  • 永作博美さん
  • 石田ゆり子さん

などなど。

ふわっとした上品な女性らしさがとっても素敵!!

 

もしいない場合は、次の5つの質問に答えることで、

「目指す自分」の姿をあぶりだすことができるかもしれません。

 

  1. 将来こんな自分になれたら最高!」と思うのはどんな自分ですか?どこで何をしていますか?(仕事でもプライベートでも可)
  2. その時に周りにいるのはどんな人ですか?または、どんな方々と一緒にいたいですか?
  3. その時、周りの人達はどのようなファッションをしていますか?
  4. その最高な場面で、あなたはどのようなファッションをしていますか?
  5. その時、周りにどんな印象を与えたいですか?

引用:女は服装が9割 なぜか大切にされる人のルール吉村ひかる著

【書評・要約】女は服装が9割なぜか大切にされる人のルール(吉村ひかる) そんな悩みと疑問をお持ちのあなたが読むべき本は、 『女は服装が9割 なぜか大切にされる人のルール』 ...

 

なりたい自分像やお手本の女性をマネていくことで、痛いファッションから抜け出していきませんか?

 

クローゼットの断捨離をしてみる

もし、クローゼットが服であふれかえっているなら、一度全部出して断捨離してみてはどうでしょうか?

私は、5年ほど前に「こんまり流お片付け」で、

45リットルごみ袋×5袋分の服を処分しました。

※こんまりメソッドは、服を1番最初に片付け始めますので、脱・痛いファッションにはピッタリ!!

 

1年以上着ない服を処分してみたところ、

いつも着まわす服は、3~4パターンあれば十分!

ということが分かったのは驚きでした。

(ちなみに、今も服はほとんど増えていません。)

 

しかしファッションセンスがひどいため、今持っている服がダサすぎて何を着ても変!という新しい悩みも生まれてしまいました。

(問題解決のため、【エアクローゼット】というファッションレンタルを始めました。)

 

ライフスタイルは、刻々と変化するものですし、それに合わせて着る服も変わっていきます。

クローゼットの棚おろしをすると、

あなたが「今」必要な服を案外もっていないことに気づくかもしれません。

 

捨てられない古い服を見ることで、新しい「今、必要な服」が見えてきます。

ぜひ一度時間を作って、クローゼットの服をぜーーーんぶ出してみて下さい。

今のアラフォーのあなたを魅力的にする服を新調できるようになれるはず。

 

(私の場合)コーディネイトはスタイリストに頼んでしまう

  • アラフォーに似合う服が分からない
  • 毎日、忙しい!自分の服になんて構ってられない
  • アラフォーになって何を着ても似合わなくなっている気がする

そんな悩みを持っていませんか?

なぜなら、私自身も全く同じファッションの悩みがあるからです。

 

詳しくは、私の【ダサい服ファッションショー】を見ていただければ分かるのですが、

基本20代からファッションが苦手です。

(いや、10代も決して得意ではありませんでした。)

 

女性としてオシャレを楽しみたい気持ちはありますが、

何を着ていいか分からず、アラフォーになった今も20年以上同じようなスタイルを続けてしまいました。

そして、今、アラフォーになり、

  • お腹も出てきたし
  • お尻の肉もたるできた

だけど、20代と同じようなカジュアルなデニムコーデばかり

 

そんな自分がとても恥ずかしいのですが、どうやってコーディネートを考えたらいいか全然分からず、すごく悩んでいました…

家で仕事もしているので、とにかく苦手なファッションの優先順位が下がってしまっていたんです。

 

ですが、2020年10月の現在、

【とある方法】を使って、長年のファッション音痴に終止符を打つことができました。

 

きっかけは、経済評論家の勝間和代さんの YouTube動画。

(画像引用:勝間和代の、エアークローゼットでうまく好みの洋服がくるようになる3つのコツ

 

毎日、仕事で超・忙しい勝間さんが、ここ1年でどうしてこんなに急激にお美しくなったのか?

その秘密は…

エアクローゼットというファッションレンタルサービスでした

(画像引用:エアクローゼット)

 

エアクローゼットって何?
  • 月額サブスクリプションの服レンタル
  • プロのスタイリストが似合う服をコーデ
  • コーデした服が家まで届く

エアクローゼットは、あなたの「普段着」をプロのスタイリストが選んでくれるサービス

エアクローゼット利用者のほとんどが、

  • 20~40代
  • 仕事持ち

という、勝間さんのような超・忙しいライフスタイルを持った女性ばかり。

(子育て期のママも、60%近く。)

 

なぜ、現代の忙しい女性にファッションレンタルがウケているかというと、

エアクローゼットで、「何も努力せずに」オシャレ美人になれるばかりでなく、

「所有」ではなく「使用」にお金を払う「サブスクリプション」は、非常に有益なお金の使い方だと考えています。

引用:勝間和代著『自由もお金も手に入る! 勝間式超スローライフ』p.122

 

というように、経済のプロが注目するほど

費用対効果の高さでもメリットが多いのです。

 

痛いファッションから抜け出す自信がない
自分一人でファッションを変える自信がない

というあなたも、

私のようにプロの手を借りてしまえば、「秒で」素敵なアラフォーに変身できます。

 

忙しい日常生活の中でも、おしゃれを楽しみながら仕事や家事ができるって、すごく楽しいです。

痛いアラフォーファッション、一緒に抜け出してみせんか?